9月22日(土)筑波でキャンプの集合場所で、つくばらーめん鬼者語さんに行ってきました。
イメージ 1

以前行った時には、レギュラーメニュー、煮干しと水、鬼者語ブラック、を食べていたので、今日は、天草淡麗つけ蕎麦 昆布水〆をチョイス。

イメージ 3

はじめに薬味が出てきました。レアチャーシュー、鶏チャーシュー、ワサビ、キャビア、抹茶塩、岩塩だったかな?

イメージ 2

そして麺本体が着丼。
中細のストレート麺が昆布水にかけられて登場。つけ汁は鶏中心の淡麗タイプ。しかし、香りがたち、一口目はけっこうガツンとインパクトがありました。はじめに麺だけを一口。つるつるのど越しの良い麺です。ほのかに昆布の味がします。つけ汁につけて一口。つけ汁が麺によく絡みます。麺に塩をかけて食べても、キャビアと一緒に食べてもおいしい麺でした。中盤でつけ汁にワサビを投入。辛みが加わり、良い味変ですね。追い飯もつく、との事でしたが、これからキャンプで食べることも考えて、遠慮しました。
濃厚系のつけ麺とはまた違った、淡麗で香りを楽しむ、麺の味を楽しむ仕掛けがあり、飽きずに食べ進めました。

おいしゅうございました。